2016/11/13

高校10期

高校選手権決勝トーナメント準決勝 

浜松開誠館-清水桜が丘高校 5-0

場所:エコパ


戦評 

  準決勝の舞台、これまで何度も挑戦しことごとく跳ね返されてきたエコパだ。PK戦で敗れた6期生の選手権準決勝。藤枝東のトリックプレイにやられた8期生の選手権準決勝。桜ヶ丘に完敗した9期生の総体決勝。そして今年春の10期生の総体決勝。前半堅くなって自分たちのサッカーが出来ず、後半に怒濤の追い上げを見せてもあと一歩届かないというパターンが続いていた。この4年間、エコパで勝ちが無いばかりか、1点も取っていないのだ。エコパの呪縛とでも言おうか。しかしこれを乗り切らなければ全国への扉は開かない。


 開誠館のキックオフで試合開始。開始早々から桜ヶ丘ゴールに迫りシュートを放つ。試合の入り方は決して悪くない。堅さも見られないようだ。開始10分。今泉のフリーキックに、高岡が逆向きになりながらもヘッドで合わせて先制。これで優位な試合運びが出来るはずなのだが、どうしたことか、点を取ってから逆に堅くなってしまったようだ。中盤、試合が膠着しながらも、開誠館陣内で桜ヶ丘がボールを持つ時間が多くなってきた。開誠館が浮き足立っているのがわかる。桜ヶ丘の拙攻もあって危ない場面は少ないが、この状態が続けば試合の行方はわからないぞ。


 前半は1-0。なんとか1点のリードを保ってハーフタイムを迎えることが出来たといった方が良いかもしれない。監督の指示は明快だ。「練習通りのサッカーをすること。自分たちのサッカーをすること。」少しでも恐れて守りに入ったら、エコパの呪縛は破れない。あと40分。とにかく落ち着いて、自分たちのサッカーを貫くまでだ。


 後半、それまでとは打って変わって、アグレッシブにボールを追いかけている。一層気合いも入っている。待望の追加点は後半4分。左サイドで理久からのパスを受けた今泉が打った低いボールはキーパーの手をかすめてゴール右隅に突き刺さった。後半20分も今泉だ。ゴール右側ペナルティエリアのやや外側からフリーキック。これが直接決まり3-0。ぐっと有利な展開になってきた。27分には松本のロングスローを受けた三浦がゴール右側から強烈なシュート。さらにその1分後には、中村元昭がゴール左側から豪快にシュートを決め5-0。これで開誠館の勝利はほぼ確定的になった。戦意消失した桜ヶ丘に反撃の迫力は無く試合終了。


 終わってみれば5-0の大勝利だ。これでもうエコパの呪縛に脅かされることは無いだろう。決勝の相手は藤枝明誠。いよいよ全国まであと一つだ。


サービス 

写真ページに掲載してある写真は、画質を落としてあります。フルサイズの写真をご希望の方は、1:写真番号 2:ご希望のメニュー 3:連絡先 を メールでお知らせ下さい。(takky88@mac.com


写真サービスメニュー

1: メール添付で写真を送付する       無料

2: A4サイズで印刷(ラミネート加工付) 300円

3: 2Lサイズで印刷(ラミネート加工無) 100円