2016/5/29

高校10期生

高校総体県大会準決勝 

浜松開誠館-静岡城北 0-0 PK 6-5

場所:日本平スタジアム(アイスタ)



寸評 

前半は相手を警戒しすぎてか、とにかく前にボールを蹴りこむ。雑に蹴っているだけなので、攻撃に繋がらないばかりか、相手に脅威も与えられない。もっと冷静にボールを回せばいいのに、準決勝という大舞台がプレーを堅くさせてしまっているのだろう。なかなかシュートに持ち込めない。逆に攻め込まれてあわやという場面も多く見られた。


前半0-0。ハーフタイムの指示はとにかく冷静に相手を見てプレーすること。特別なことでは無い。普段の練習どおりにやれば良いだけのことだ。


後半になって、ようやくボールが落ち着き始めた。開誠館の厚い攻撃も形になっている。しかし城北もキーパーを中心に良く守り、なかなか得点出来ない。中部9位とはいえ、ここまで勝ち進んできたチームだ。単に勢いだけでは無く、しっかりした技術も持っている。何度も決定機を迎えるが跳ね返されてしまう。


後半は優位に試合を進めるも得点出来ず、0-0で勝負はPK戦に。

開誠館は3人目が外し、城北最後の一人が決めれば敗退という絶体絶命のピンチ。ここで相手の5人目が外し振り出しに戻った。開誠館は6.7人目が冷静に決め、最後は城北の7人目が外し、試合終了。


危ない試合だったが、なんとかものにし、2年連続の決勝進出を決めた。

今日の試合で堅さも取れ、決勝はリラックスして戦えることだろう。初の全国出場まで、あと一つだ。



写真サービス 

写真ページに掲載してある写真は、画質を落としてあります。フルサイズの写真をご希望の方は、1:写真番号 2:ご希望のメニュー 3:連絡先 を メールでお知らせ下さい。(takky88@mac.com


写真サービスメニュー

1: メール添付で写真を送付する       無料

2: A4サイズで印刷(ラミネート加工付) 300円

3: 2Lサイズで印刷(ラミネート加工無) 100円