2016/6/5

高校10期生

高校総体県大会決勝 

浜松開誠館-静岡学園 0-1

場所:エコパスタジアム


寸評 

非常に残念な試合だ。負けたことはもちろんだが、前半に開誠館の良さを全く出せなかったことがだ。

スピード、球際の粘り、技術、試合運び、、、全てにおいて後手後手になっている。

特に失点のシーン。数プレー前の不用意なバックパスからボールを奪われ、結果的にゴールに繋がってしまった。

前半の消極的なプレーを象徴するかのような場面だった。


後半は一転開誠館のペース。高い位置でボールを奪い、サイドから攻撃に繋げていく本来のプレーが甦ってきた。

しかしエンジンがかかるのが遅すぎた。結局後半は圧倒しながらも得点を奪えず終了。


エコパでの試合は、昨年の桜が丘戦(総体決勝)、一昨年の藤枝東戦(選手権準決勝)と今回とほとんど同じ展開だ。

先制を許し、後半の怒濤の攻撃も及ばず惜敗。このパターンを早く打破し、全国への扉を早く開けてもらいたいものだ。


選手権での雪辱を期す。


サービス 

写真ページに掲載してある写真は、画質を落としてあります。フルサイズの写真をご希望の方は、1:写真番号 2:ご希望のメニュー 3:連絡先 を メールでお知らせ下さい。(takky88@mac.com


写真サービスメニュー

1: メール添付で写真を送付する       無料

2: A4サイズで印刷(ラミネート加工付) 300円

3: 2Lサイズで印刷(ラミネート加工無) 100円