2017/11/3

高校11期

高校選手権決勝トーナメント1回戦

浜松開誠館-加藤学園 2-0

場所:草薙球技場

寸評 

○ 加藤学園 2-0 川畑、市川


いよいよ決勝トーナメントが始まった。

加藤学園は、おそらくAチームにとっては初めての対戦だ。

しかし相手がどこであろうとも、一戦一戦勝ち進み、全国への切符を手にするだけだ。


試合は開誠館のキックオフで始まった。

開誠館優勢で試合は進むが、どうもしっくりこない。

攻めてはいるのだが、点が入る気配が全く無いのだ。


シュートも何本も放つが、遠目から苦し紛れのシュートが多く力が無い。

決して相手の守備が固いわけでは無い。開誠館が浮き足立っているようだ。

大事な選手権の初戦。固くなるのも無理は無いが、それにしても歯がゆい展開だ。


前半20分過ぎ、相手にカウンターで最終ラインを突破される大ピンチ。

キーパー青嶋が果敢にスライディングで防いだが、先制されてもおかしくない場面だった。


これで乗っていけるか、と思ったが相変わらずの展開のまま前半終了。


ハーフタイムの指示は二つ。

「練習通り、普段通りのプレーをすること」「格好つけずに泥臭くプレーすること」


後半が始まると、見違えるように動きが良くなった。

前半は守備の選手が前線に出て攻撃に参加する場面はほとんど見られなかったが、チャンスとみるやどんどん上がってくる。


待望の先制点は後半5分。

弓場が左サイドからクロスを上げると、中央で三浦がヘッドで落とし、川畑が低い弾道のシュートを放つ。


更に後半20分。市川がゴール前まで持ち込むと、いったんはキーパーに阻まれるが、ハンブルしたところを見逃さずにボールをかっさらいシュート。


これで完全に一方的な展開になった。後半相手のシュートは0本だ。


攻め続けて試合は終了。

前半が終了した時点では、正直に言って「大丈夫か?」と思ったものだが、きっちりと本来のプレーに立て直したのはさすがだ。明日の清水東戦も、良い形で試合に入っていけることだろう。


全国まではあと3つだ。



写真サービス 

写真ページに掲載してある写真は、画質を落としてあります。フルサイズの写真をご希望の方は、1:写真番号 2:ご希望のメニュー 3:連絡先 を メールでお知らせ下さい。(takky88@mac.com


写真サービスメニュー

1: メール添付で写真を送付する       無料



フルサイズ写真のダウンロードはこちらからお願いします。

2017/12/3まで有効です。



2: A4サイズで印刷(ラミネート加工付) 300円

3: 2Lサイズで印刷(ラミネート加工無) 100円