2017/12/2

高校11期

プリンスリーグ第17節

浜松開誠館-名古屋グランパス 1-3

場所:開誠館総合グラウンド

寸評 

● 名古屋グランパス 1-3 OG


ホーム最終戦はプリンス首位で既にプレミア入れ替え戦出場を決めているグランパスだ。

今日も勝って開誠館の実力を示すとともに、来年度に向けて弾みをつけたい。


グランパスのキックオフで試合は始まった。さすがにプリンス首位のチームだけある。

パス回し、プレーの切れなどこれまで見てきたどのチームとも違う。

しかし開誠館も持ち前の堅守と運動量でグランパスに決定機を作らせていない。

やや押され気味ながらも、コーナーキックやフリーキックの回数はグランパスよりも勝っている。

前半終了間際のグランパスのシュートは、青嶋が横っ飛びで防いで前半終了。


後半は互角か開誠館がやや押し気味だ。

先制点は開誠館。後半25分、左サイドからの三浦が放ったコーナーキックは、相手ディフェンダーに当たりゴール!


しかしその直後、クリアボールのこぼれ球を蹴り込まれ同点に追いつかれると、すぐにPKをとられ逆転を許す。終了間際にも3点目を取られ試合終了。残念ながら先制点を守り切れなかった。


今日の試合では、先発フル出場の中3岡部に加え、途中から同じ中3の熊取谷、夏目が投入され、はつらつとしたプレーを見せてくれた。敗戦は残念だったが、来年度に向けて、中3から高2の選手たちには良い経験になったことだろう。


来週はいよいよ最終戦だ。帝京可児に勝って有終を飾ろう!


写真サービス 

写真ページに掲載してある写真は、画質を落としてあります。フルサイズの写真をご希望の方は、1:写真番号 2:ご希望のメニュー 3:連絡先 を メールでお知らせ下さい。(takky88@mac.com


写真サービスメニュー

1: メール添付で写真を送付する       無料


フルサイズ写真のダウンロードはこちらからお願いします。

2017/1/2まで有効です。



2: A4サイズで印刷(ラミネート加工付) 300円

3: 2Lサイズで印刷(ラミネート加工無) 100円