2017/2/5

高校11期

高校新人戦県大会1回戦

浜松開誠館-藤枝明誠  3-3 PK1-3

場所:開誠館総合グラウンド

寸評 

● 藤枝明誠 3-3 PK 1-3 平松、江口、山田梨功


前半7分 右サイドから平松のフリーキックが直接決まり先制。

前半12分 左サイドからのコーナからゴール前の競り合いになり、江口のヘッドが決まる。

前半15分 左サイドからのコーナーキックに、山田の高い打点のヘッドが決まる。


前半15分で早くも3-0。前半はほぼ一方的な開誠館ペース。

藤枝明誠にあまり迫力が見られないこともあるが、西部予選の時よりも開誠館の動きは良くなっている。


前半終了間際に不用意な失点で1-3で折り返す。

この失点が響いたか、後半に入ると一転、明誠のペース。

後半20分、28分と得点を許し、ついに同点に追いつかれる。

開誠館は後半の途中から足が止まり、攻撃が単調で消極的になってしまった。


延長戦でも決着がつかず、PK戦では開誠館の2~4人目が連続して外し万事休す。


去年3連敗を喫した明誠に雪辱するチャンスだっただけに、3-0からの敗戦は痛い。

プリンスでの雪辱を期待しよう。


写真サービス 

写真ページに掲載してある写真は、画質を落としてあります。フルサイズの写真をご希望の方は、1:写真番号 2:ご希望のメニュー 3:連絡先 を メールでお知らせ下さい。(takky88@mac.com


写真サービスメニュー

1: メール添付で写真を送付する       無料


フルサイズ写真のダウンロードはこちらからお願いします。

2017/3/4まで有効です。


2: A4サイズで印刷(ラミネート加工付) 300円

3: 2Lサイズで印刷(ラミネート加工無) 100円