2017/5/20

高校11期

高校総体県大会2回戦

浜松開誠館-島田工業 1-0

場所:開誠館総合グラウンド

寸評 

○ 1-0 鈴木凱人


 いよいよ高校総体の県大会が始まった。プリンスリーグ首位の勢いをもって、初めての全国の舞台に向けて突き進もう。


 初戦の相手は島田工業。既に1回戦を勝ち進んできた相手だ。開誠館は今日が初戦。リーグ戦と違い、負けたら終わりのトーナメント戦の初戦。固くならなければ良いが、、、

試合は開誠館のキックオフで始まった。序盤は様子見の展開だ。無理に攻め込まず相手の出方を見極めているようだ。やや引き気味ではあるが、引き分けPK狙いと言うこともなさそうだ。徐々に開誠館はペースを上げていく。


 先制点は21分。松本からのパスを受けた鈴木凱人が、ワンタッチで振り抜くとゴール右隅に豪快に決まった。さい先の良い展開になったが、どうもいつもと様子が違う。ゴール前のパス回しが雑で、なかなかいい形の攻撃が出来ない。かといって、自陣からのロングボールを放り込む事も無い。明らかにプリンスでの開誠館とは違って見える。


 寄せの早さや、がむしゃらにボールを追う泥臭さが少ない。いわゆる「開誠館らしさ」が感じられないのだ。どこか相手を見下しているような印象さえ受けてしまう。もちろん選手達にはそんな気はないだろうが、心のどこかではいつも戦っているプリンスの強豪とは別物に見えるのだろうか。


 試合は終始開誠館ペースだったが、何度かひやっとする場面も見られた。相手のご父兄だろうか、帰りに「プリンス首位の開誠館相手に今日はいい試合だった」と話しているのを聞いた。「足元にも及ばなかった」と言わせて欲しかった。


 明日は袋井高校が相手だ。今日のような戦いは通用しないだろう。プリンスでの戦いを思い出し、一戦一戦必死になって戦おう。その先は必ず全国の扉が開いているはずだ。


写真サービス 

写真ページに掲載してある写真は、画質を落としてあります。フルサイズの写真をご希望の方は、1:写真番号 2:ご希望のメニュー 3:連絡先 を メールでお知らせ下さい。(takky88@mac.com


写真サービスメニュー

1: メール添付で写真を送付する       無料


フルサイズ写真のダウンロードはこちらからお願いします。

2017/6/20まで有効です。


2: A4サイズで印刷(ラミネート加工付) 300円

3: 2Lサイズで印刷(ラミネート加工無) 100円