2017/5/21

高校11期

高校総体県大会3回戦

浜松開誠館-袋井高校 1-0

場所:開誠館総合グラウンド

寸評 

○ 1-0 山田


 第3回戦の相手は県Aリーグで首位を走る袋井高校だ。昨日の2回戦でも科学技術高校を4-0で破り好調を維持している。それに加え、開誠館は意外と袋井高校を苦手としている。これまでにも何度か大事な試合で負けた経験がある嫌な相手だ。昨日の島田工業戦のようなわけには行かないだろう。


 開誠館のキックオフで試合は始まった。昨日とは違い序盤から積極的に仕掛けていく。ほぼボールを支配し、いい感じで展開している。しかし袋井高校が時折みせるカウンター攻撃は要注意だ。

得点が奪えないまま前半終了間際、最大のピンチが訪れた。ゴール前、ペナルティーエリアのやや外側でフリーキックを与えてしまった。直接ゴールを狙ってきたが、ボールはバーを直撃し外に出たところで前半終了。あと数センチ低く飛んでいたら危なかった。


 後半に入ると、更に攻撃に厚みが増してきた。パスが良く繋がり、タッチラインぎりぎりからの粘りある攻撃も本来の姿に戻りつつある。何度か決定機を阻まれたが、後半21分、山田が中央やや遠い位置から放ったシュートが均衡を破る。フィールド、ベンチ一体となって喜びを爆発させる姿も昨日は見られなかった光景だ。追加点は奪えず試合は1-0のまま終了したが、内容は圧倒と言っていいだろう。


 ようやく本来のサッカーを取り戻した開誠館。いよいよ全国まであと3つだ。

 


写真サービス 

写真ページに掲載してある写真は、画質を落としてあります。フルサイズの写真をご希望の方は、1:写真番号 2:ご希望のメニュー 3:連絡先 を メールでお知らせ下さい。(takky88@mac.com


写真サービスメニュー

1: メール添付で写真を送付する       無料


フルサイズ写真のダウンロードはこちらからお願いします。

2017/6/21まで有効です。


2: A4サイズで印刷(ラミネート加工付) 300円

3: 2Lサイズで印刷(ラミネート加工無) 100円