2017/7/15

高校11期

プリンスリーグ第9節

浜松開誠館-帝京可児 1-0

場所:開誠館総合グラウンド

寸評 

○ 1-0 古田


プリンスリーグが高校総体で中断する前は4勝1分で首位をキープしていたものの、再開後はまさかの3連敗で首位陥落。今日は前半戦の最終戦だ。もう負けは許されない。最終戦はすっきり勝って、後半戦、さらには選手権に向けて弾みをつけたい。


試合は開誠館のペースだ。前半は得点こそ奪えなかったが、可児のシュートを0本に押さえ込んだ。

後半に入っても積極的な攻撃を仕掛けていく。ゴール前でボールに食らいついていく姿勢は、絶対に勝つという執念が感じられる。


なかなか点を奪えないまま給水タイム。試合が動いたのはその直後だ。三浦がペナルティーエリア内で倒されPKを獲得。これを古田がど真ん中に蹴りこみ先制。


見る位置によっては微妙な判定にも見えたようだが、ベンチ側近い位置からははっきりと三浦が倒されたことが分かった。いったんはクリアされたボールを三浦が諦めずにタッチラインギリギリのところまで追いかけてボールをキープ。慌てたキーパーが思わず倒してしまったという展開だ。

偶然獲得したPKではなく、三浦の執念がもぎ取ったPKと言えるだろう。


この1点を守り切り、最終戦を勝利。4位で前半戦を終えることになったが、後半十分に巻き返しできる位置だ。がんばろう。



写真サービス 

写真ページに掲載してある写真は、画質を落としてあります。フルサイズの写真をご希望の方は、1:写真番号 2:ご希望のメニュー 3:連絡先 を メールでお知らせ下さい。(takky88@mac.com


写真サービスメニュー

1: メール添付で写真を送付する       無料


フルサイズ写真のダウンロードはこちらからお願いします。

2017/8/15まで有効です。


2: A4サイズで印刷(ラミネート加工付) 300円

3: 2Lサイズで印刷(ラミネート加工無) 100円