2017/9/23

高校11期

プリンスリーグ第14節

浜松開誠館-藤枝明誠 1-0

場所:開誠館総合グラウンド

寸評 

○ 1-0 松本


藤枝東は、選手権で全国へ行くためには、必ず倒さなくてはいけない相手だ。

今日の一勝は、プリンスリーグでの1勝以上の意味を持つだろう。


前半は開始直後から開誠館が押し込む展開だ。プレーが連動しいい攻めが出来ている。

特に、児玉が放つミドルシュートは、キーパーの好守に阻まれて入るものの、相当相手にプレッシャーを与えている。開誠館優勢で、何度か好機はあったが、0-0で前半終了。


後半に入っても勢いは衰えていない。試合が動いたのは後半7分。左サイド、ペナルティーエリアのやや外側で倒されフリーキックのチャンス。三浦が蹴ったボールを、ゴール右側で松本が完璧にヘッドで合わせゴール。


1-0のまま試合は進むが、ピンチの場面でも鉄壁の守備で得点を許さない。終了間際には藤枝東の怒濤の反撃にあうが、これを凌ぎきって試合終了。


今日は最後まで気合いが入ったいい試合だった。

優位に試合を進め、きっちり勝った。選手権に向けて大きな1勝だ。


写真サービス 

写真ページに掲載してある写真は、画質を落としてあります。フルサイズの写真をご希望の方は、1:写真番号 2:ご希望のメニュー 3:連絡先 を メールでお知らせ下さい。(takky88@mac.com


写真サービスメニュー

1: メール添付で写真を送付する       無料


フルサイズ写真のダウンロードはこちらからお願いします。

2017/10/23まで有効です。


2: A4サイズで印刷(ラミネート加工付) 300円

3: 2Lサイズで印刷(ラミネート加工無) 100円